自由診療

アンチエイジング検査

健康保持のための検査を。

抗加齢・予防医学のための様々な検査項目をご用意しております。
特に従来の健康診断等の項目にはなかった、活性酸素により“酸化ストレス検査“、“抗酸化検査“をはじめとして、体内に蓄積した有害重金属量の検査も実施しています。健康保持のためにも、是非一度検査を受けていただくことをお勧めします。

※各施術の料金は、自由診療メニューの料金表のページをご覧ください。

■体内ミネラル有害重金属検査(OligoScan)

体内の有害重金属14項目と必須・参考ミネラル20項目を手のひらに光をあたるだけで約3分で計れます。世界最新鋭の特殊なスキャニング技術によって、各ミネラルの特有の波長(色)を特定し、定量測定します。毛髪検査のように「過去の状態」では無く、今現在のあなたの身体の中のミネラル状況が短時間でわかります。

■DNA酸化損傷8-OHdG検査

みずみずしい林檎が空気に触れると、あっという間に変色してしまう、それは“酸化”が原因です。酸素に包まれている私たちは同じように、日々酸化にさらされています。でも、いつまでも若々しく元気でいられたら…と想うのはみんなの願いですね。まずは身体の“酸化”について正しく知ることから始めてみませんか?身体の中の酸化度を知るには、医学部の研究にも使用されている最新鋭の機器[尿中酸化ストレスマーカー短時間測定システム]によって約5分で計測できます。

■体内糖化度検査

AGEs(最終糖化生成物)は、タンパク質と過剰な糖分の結合により生じ、体の「焦げ」とも言われます。このAGEは現代の糖質過剰な食生活などにより体内に蓄積され、糖尿病やガン、血管疾患や骨粗鬆症などのリスクを高め、健康寿命を縮めるといわれています。炭水化物やスイーツを好む人は、ぜひ一度検査を受けて、AGE年齢を測ってみませんか? もし、今の年齢より高い場合は、健康寿命を延ばすために早めの対策をお勧めします。

■動脈硬化検査(CAVI)

CAVI検査は動脈硬化で血管の弾力性が低下したり、血管壁が硬くなり内腔が狭くなるなどの危険性を評価する検査です。動脈硬化自体は自覚症状に乏しいのですが、放置して進行すると些細な症状(見えにくい、しびれる、動かしにくいなど)が頻繁になり、突然の脳梗塞や脳出血、狭心発作や心筋梗塞などに発展します。当院ではCAVI検査で動脈硬化度が高い場合、血管を改善させる点滴治療をご案内しています。

■尿中腫瘍リスク検査(ジアセチルスペルミン)

ジアセチルスペルミンは、膵・胆道癌、肝臓癌、肺癌のガンになったとき尿中に多く排泄される物質の数値を検査することで、ガンの早期発見ができます。外来での採尿だけで短時間で結果がわかるため、定期的にチェックすることでガンに対する不安を解消できます。近年の医療技術により早期発見で治癒できるガンは増えています。ジアセチルスペルミンでチェックできるガンも早期発見によって治癒や延命の可能性が高くなり、皆さんの健康をさらに確実にするでしょう。

PAGE TOP